表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 3番歌 あしびきの山鳥の尾のしだり尾の… 柿本人麻呂


3番歌 あしびきの山鳥の尾のしだり尾の… 柿本人麻呂

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む
【歴史的仮名遣い】
あしびきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ
【現代仮名遣い】
あしびきの やまどりのおの しだりおの ながながしよを ひとりかもねん
【出典】拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,柿本人麻呂 百人一首,かるた,柿本人麻呂

(読み下し)
(初)あしびきの(二)山鳥の尾の(三)したるをの(四)なか〓〓しよを(結)ひとりかもねむ


【取り札】
百人一首,かるた,柿本人麻呂 百人一首,かるた,柿本人麻呂

(読み下し)
(四)なか〓〓し夜を(結)ひとりかもねん

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,柿本人麻呂 百人一首,かるた,柿本人麻呂

(読み下し)
(初)足引の(二)山鳥の尾の(三)したりをの


【取り札】
百人一首,かるた,柿本人麻呂 百人一首,かるた,柿本人麻呂

(読み下し)
(四)なか〓〓しよを(結)独かもねん

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,柿本人麻呂 百人一首,かるた,柿本人麻呂

(読み下し)
(四)なか〓〓し夜を(結)ひとりかもねん

inserted by FC2 system