表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 2番歌 春すぎて夏来にけらし白妙の… 持統天皇


2番歌 春すぎて夏来にけらし白妙の… 持統天皇

春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山
【歴史的仮名遣い】
はるすぎて なつきにけらし しろたへの ころもほすてふ あまのかぐやま
【現代仮名遣い】
はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま
【出典】新古今集 四季(夏)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,持統天皇 百人一首,かるた,持統天皇

(読み下し)
(初)春過て(二)夏きにけらし(三)白妙の(四)衣ほすてふ(結)天のかぐ山


【取り札】
百人一首,かるた,持統天皇 百人一首,かるた,持統天皇

(読み下し)
(四)衣ほすてふ(結)天の香久山

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,持統天皇 百人一首,かるた,持統天皇

(読み下し)
(初)春過て(二)夏来にけらし(三)白妙の


【取り札】
百人一首,かるた,持統天皇 百人一首,かるた,持統天皇

(読み下し)
(四)衣ほすてふ(結)天の香久山

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,持統天皇 百人一首,かるた,持統天皇

(読み下し)
(四)衣ほすてふ(結)天の香久山

inserted by FC2 system