表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 1番歌 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ… 天智天皇


1番歌 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ… 天智天皇

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
【歴史的仮名遣い】
あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
【現代仮名遣い】
あきのたの かりおのいおの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
【出典】後撰集 四季(秋)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,天智天皇 百人一首,かるた,天智天皇

(読み下し)
(初)秋の田の(二)かりほの庵の(三)とまをあらみ(四)我衣手は(結)つゆにぬれつゝ


【取り札】
百人一首,かるた,天智天皇 百人一首,かるた,天智天皇

(読み下し)
(四)我衣手は(結)露にぬれつゝ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,天智天皇 百人一首,かるた,天智天皇

(読み下し)
(初)秋のたの(二)刈ほの庵の(三)苫をあらみ


【取り札】
百人一首,かるた,天智天皇 百人一首,かるた,天智天皇

(読み下し)
(四)わか衣手は(結)つゆにぬれつゝ

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,天智天皇 百人一首,かるた,天智天皇

(読み下し)
(四)我衣手は(結)露にぬれつゝ

inserted by FC2 system